リフォームローンQ&A

リフォームローンで相続税・贈与税は必要?【税金の仕組みを教えて!】

 

相続税と贈与税について教えてください
今度実家の家(親名義)をリフォームすることになりました。リフォーム費用は、私名義でリフォームローンを組もうと思っているのですが、贈与税や相続税がかかると言われました。

リフォームローンが通れば問題なくリフォームできるもんだと思っていたので、まさか贈与税や相続税が絡むとは思っていませんでした…。

贈与税や相続税の仕組みを詳しく教えていただきたいです。


 

以下のような決まりがあります

親名義の住宅に子供が資金を提供しリフォームを行う場合、贈与税が課税されます。贈与税とは、個人から基礎控除額(年間110万円)を超える財産を貰ったときには発生する税金です。

この財産には、現金、預貯金、有価証券、土地、家屋、貸付金、営業権など金銭に関わる経済的価値のあるもの全てが含まれます。

贈与税は1年間(1月1日から12月31日まで)に貰った財産の価額の合計額から基礎控除額を差し引き、その残額に贈与税の税率がかけらます。zそこから、控除額を差し引いた額が納税額となります。

贈与税の税率は以下をご参照下さい。
・200万円以下…10%
・300万円以下…15%(控除額10万円)
・400万円以下…20%(控除額25万円)
・600万円以下…30%(控除額65万円)
・1000万円以下…40%(控除額125万円)
・1000万円超…50%(控除額225万円)
例えば、800万円のリフォーム資金を提供した場合、800万円-基礎控除額(110万円)×40%-控除額(125万円)で贈与税額が求められますので、151万円が贈与税として課税されます。

ちなみに相続時精算課税制度を利用すれば、税金を軽減させることができます。相続時精算課税制度は、2500万円までの財産には税金が軽減される制度だからです。

しかし、相続時には、贈与された財産と、相続された財産を足した額に相続税がかかります。また、65歳以上の親から20歳以上の子どもへという条件も課せられています。(住宅取得等の資金贈与の場合は、親の年齢制限はありません。)
相続税とは財産を譲り受けた者に対してかけられる税金のことです。相続税は、取得した財産の合計額が基礎控除額を超える場合に、その超える部分に対して課税されます。

取得した財産が基礎控除額以下であれば、相続税はかからず、申告の必要はありません。相続税の基礎控除額は、1000万円×法定相続人の数+5000万円で求められます。

したがって、相続税を払うのは20人に1人くらいの割合でしょう。


2019年5月のリフォームローンランキング